和釘とは

神社仏閣・城郭などの古建築物の修理復元に無くてはならない物が和釘です。
一般に広く使われている丸い軸を持つ釘は「洋釘」と言い、明治時代にヨーロッパからもたらされたものです。
これにたいして「和釘」は、制作された時代によって頭の部分などに違いがありますが、太く角張った軸で表面積が大きいことが最大の特徴です。
飛鳥時代から日本の建築に欠かせない釘として使われてきました。

更に和釘は金槌で一本一本叩いて作ることで、微妙な太さの違いを表すことができます。
例えば、茶室の床柱の太さや空間にあわせ、釘のラインも同じ調子でこしらえるなど、日本建築の空間へのこだわりは、釘ひとつに対しても、職人の微妙な感覚とやり取りで表現されています。

とき 毎日9:00~11:00、13:00~15:30。
上記時間内、随時受付。
1名様での体験所要時間は1時間程度。
3名様までであれば、予約不要。4名様~9名様の場合は1週間前、10名様~20名様の場合は1か月前までに予約をお願いいたします。


ところ 三条鍛冶道場
内容 「鉄を熱し、鎚で叩いてかたちをつくる」
伝統の鍛冶の技を体験できます。
対象 どなたでも体験いただけます
定員 3名様までであれば、予約なしでお受けしております。  4名様以上の場合は、予めご連絡をお願いいたします。
参加費 大人…500円 中学生以下…250円

Regular course: Nail making experience

The Nail

An indispensable product to repair and restore old buildings such as shrines, temples, and castles is the nail.
In general, a nail with a round shaft, which is widely referred to as the "Yokugi", is what was brought from
Europe in the Meiji era.
"Wakugi" on the other hand, produced in the same era, is different in that the large surface area and axis is
thicker and angular. It has been indispensable to the construction of Japan since the Asuka period.

Furthermore, Wakugi is made by being struck one by one with the hammer, which can represent a subtle difference in thickness. For example, the thickness and space of the tearoom alcove post, and making the nail line the same, is the commitment of architecture of space, even for a single nail, is expressed in the interaction of the subtle sense of craftsmanship.


Time: Reservation unnecessary in the case of 3 people or less.
Daily 9:00 am - 11:00 am, 1:00 pm - 3:30 pm

Where: Sanjo Kaji Dojo

Details: "Heating iron, hitting with a hammer, and forming into shape"
Experience the traditional techniques of a blacksmith.

Participants: Anyone can have an experience.

Capacity: Reservation unnecessary in the case of 3 people or less.
Please make a reservation in the event of 4 people or more.

Entrance fee: Adults...500 yen Junior high school students... 250 yen

お問い合わせはこちら